2015年08月29日

富士山2015(御殿場ルート)A

8月25日(火)晴れ→曇り時々雨
わらじ館2:11→山頂4:08(日の出&お鉢巡り)
下山開始6:59→わらじ館8:05(デポ回収)
→次郎坊9:32→御殿場口新5合目10:21

午後2時過ぎに山小屋を出発。星空を見上げながら
山頂を目指す。思った以上に早く山頂に着き、
日の出が良く見えそうな場所を探して待機する。


IMG_0311.JPG

前回は眼下が全てクリアーだったが、今回は、
ほどんど全て雲海に覆われていた。でも、それも
また違う美しさと感動があった。


IMG_0323.JPG

日の出を堪能した後は、お鉢巡りへ。
前回は、混雑していてあきらめた
剣ヶ峰にも行けて大満足。


IMG_0325.JPG

眼下はびっしりと雲に覆われている中、
3,000メートル級の山々(南アルプスや八ヶ岳)だけ
顔を出していた。雲海に映る影富士も美しかった。


IMG_0368.JPG

御殿場ルートは、大砂走りがあるので、
下りは速いと聞いていたが、予想以上だった。
「え、もうこんな所まで下って来たの?」
と驚きながら、無事、下山。


ラベル:富士山 山登り
posted by とけた at 11:35| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

富士山2015(御殿場ルート)@

8月24日(月)曇り時々雨→晴れ
御殿場口新5合目9:06→次郎坊10:27
→新6合目12:45(お昼休憩)→7合目14:50
→わらじ館15:05

教会の男性メンバーと2度目の富士山。
空いているルートを登りたいと言う思いから、
御殿場ルートを選択。


IMG_0184.JPG

本当に空いていた。マイカー規制なし。
駐車場&トイレは無料。
入山料(保全協力金)1,000円を払うと、
記念バッジと何かのキャンペーン中で
スマホバッテリーとチョコレートをもらえた。
今日泊まるわらじ館まで、6時間山小屋がないので、
心して臨む。周りはガスで真っ白。これじゃ
上に行っても何も見えないかな…という思いがよぎる。


IMG_0193.JPG

タフなコースではあるが、砂礫の道を淡々と
登って行く感じがシンプルでわかりやすいとも感じる。
次郎坊から新6合目までの2時間ジグザグが
この日一番キツイと感じた。


IMG_0208.JPG

新6合目には休業中の山小屋があり、そこで昼食休憩。
人気の無さと相まって、侘しさをかきたてられる場所だ。
営業していた頃は、どんな感じだったのだろう。


IMG_0235.JPG

7合目に近付くと、晴れ間がのぞき、
初めて山頂が見えた時はすごく嬉しかった。


IMG_0257.JPG

予定通り6時間かかって、わらじ館に到着。
リーフレットを見せるとドリンク1本サービスが嬉しい。
さらに、デポもできると言う。小さな小屋だが、
あまり混んでいないせいもあってか、
従業員の方達もリラックスした雰囲気だ。


IMG_0286.JPG

夕方になるとさらに天気が回復して、
綺麗な雲海が見えた。明日の天気は微妙だと
聞きつつも、好天を期待して寝床につく。
(例によってほとんど眠れなかったが)
ラベル:富士山 山登り
posted by とけた at 12:00| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

ギターを習って良かったこと

先日、6年間通ったギター教室を退会した。

別に通うことが嫌になったわけではなく、自分の中で一つの区切りを
つけようと思ったからだ。

それにしても、ギターをちゃんと教えてもらえたことは
自分にとってすごく良かった。

何が一番よかったかというと、
「自分が下手だということに心から気付けた」ことだ。

それまでは、曲がりなりにもギター歴20数年という自負心があって、
人前では謙遜しつつも、けっこうプライドがあった。

しかし・・・

講師の先生が厳しかったわけではなく(むしろすごく優しかった)
レッスンを重ねる中で、

「ああ、俺、ギター下手なんだ」

と実感するようになった。

他にも、リズム感が良いと思っていたのが、
実は悪いということに気付かされショックを受けたり、
いろいろあった。

でも、それだけではなく、もう一つよかったのは
「下手でも、下手なりに練習を重ねれば少しづつ上達する」
ということだった。

最初はチョーキング一つもロクにできなかったが、
今は、月イチの友人たちとのセッションで、
高校時代の憧れだったクラプトンの
「ホワイトルーム」や「クロスロード」のソロを
曲がりなりにも弾いている。
自分の中でこれはかなり嬉しいことだ。

とはいえ、上達と言うものにはきりがないので、
今後も、自分なりに修練を積んでいかなければと思う。
ラベル:ひとりごと
posted by とけた at 21:27| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

八ヶ岳2014D

【山行メモ】
・国分寺〜茅野間はSUICA使える。
・テントと水場が近いため、またもや水タンクは使わなかった。
・美濃戸周辺にアブ多し。虫よけを持って行って正解。
・テント泊は連泊でも1泊ずつ申込み。風呂は入る時に料金を払う。
・お茶、スティックコーヒーなどを多めに持っていくと良い。
・フリント式ライターを点火に使用。マッチに比べゴミが出ないのが良い。
・山小屋でお昼を食べる作戦は良かった。
・ガスボンベの残量が少なくてあせった。満タンの物を最低1個は持っていく。
・尾西のアルファ米シリーズ、夕食なら1人1個食べられる。(毎日はきつい)
・テント撤収の場合、朝食より2時間で出発。(空身の場合、1時間ちょっと)
・今回はご飯をたかなかった。ガスの節約にもなり、楽だったが、
 メニューのバリエーションは乏しくなる。
・朝食は、カロリーメイト、チーズ、フルーツ、ホットティーで毎日いけた。
・次回のお菓子シミュレーション
ボンタンアメ、クエン酸キャンディ、ドライフルーツ、トレイルミックス
ポテチ(大)、アソートおかき、甘納豆
・野菜スープはあまり飲まなかった。
・水筒は、ポカリ1、水1でOK(妻はポカリが意外と苦手)
・持って行って良かったもの
手袋、空気まくら、まな板セット、グラウンドシート
・次回、持っていきたいもの
モンベルカード、カメラの予備バッテリー、ウインナー

【費用(2人分)】
電車(国分寺⇔茅野)12,080
バス(茅野⇔美濃戸口)3,100
チップトイレ(1回100円)1,400
昼食 6,150
宿泊費(テント)6,000
風呂(赤岳鉱泉)6,000
アイスクリーム 1,000
ケーキセット 1,830
----------------------
計 37,560
ラベル:八ヶ岳 山登り
posted by とけた at 11:59| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

八ヶ岳2014C

8月1日(金)晴れ
赤岳鉱泉8:05→美濃戸10:30→美濃戸口11:57
→茅野13:57→国分寺20:37

IMG_5650.JPG

最終日も良い天気。雨具を一回も出さずにすんだ。
朝、少しゆっくり聖書を読んで静まる時を持って
すごくよかった。テントを撤収し、下山開始。
登りの時はあまり気が付かなったが、赤岳鉱泉から
堰堤広場までの道は、渓谷沿いを歩き、高山帯とは
また違った花を楽しめて、良いコースだなと思った。
残念なことに、カメラのバッテリーが切れた。
次回は予備のバッテリーを持ってこよう・・・
堰堤広場を過ぎると林道になり、足元は格段に
楽になるが、2日ぶりのフル装備が肩にこたえる。
予定より時間がかかったが、無事、美濃戸口に下山。

IMG_5663.JPG

お昼を食べた後、バスで茅野へ。後ろを振り返ると
北〜南八ヶ岳が一望でき、以前は八ヶ岳という固まりでしか
識別できなかったけど、行ってきた今、一つ一つの山が
わかるというのが嬉しかった。茅野駅前のカフェに行き、
しばしゆっくりとティータイム。行き同様、ローカル線で
国分寺へ。途中、ものすごい雷雨になり、相模湖の
花火大会に来ている人たちは大変そうだった。
同じ車両のワンゲルっぽい人たちに話しかけたら、
何と母校のワンゲルメンバーだった。昨年の学祭で
CCCと屋台が隣だったことも覚えていてくれて、嬉しかった。
天候が祝福され、いろいろな人との出会いを楽しめ、
リフレッシュさせてもらえた4日間だった。神に感謝したい。
ラベル:八ヶ岳 山登り
posted by とけた at 16:48| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。