2017年07月25日

富士山2017(吉田ルート)山行記録A

7月11日(火)晴れ時々曇り
8合目太子館1:28→本8合目(須走ルート合流)2:15→9合目3:02→山頂3:32(日の出4:27)お鉢巡り(剣ヶ峰往復)開始4:52→剣ヶ峰5:30→下山開始6:30→8合目(須走ルート分岐)7:15→7合目8:29→6合目9:04→5合目9:34

DSC073840005.JPG

ヘッドライトの灯りをたよりに、月を見上げながら山頂に向かう。須走ルートの合流地点から人が増え、山頂に向かう人の列が見えた。といっても、ひどい渋滞というわけではなく、むしろ、ペースを落とせるので、私としては楽だった。

DSC073980006.JPG

日の出まで、十分に余裕をもって山頂に到着。さすがに寒かったが、風がないのはありがたかった。

DSC074130007.JPG

山頂からの朝日は、いつも感動的だ。できれば、カメラに気を取られず、肉眼でじっくり味わいたいものだ。

DSC074200008.JPG

7月ということもあり、火口には多くの残雪が。おそらくそれが理由で、ルートが閉鎖されており、完全なお鉢巡り(山頂一周)はできず、剣ヶ峰を往復。

DSC074250001.JPG

私にとって「砂走りではない」下山ルートは初。「エンドレス・ジグザグ」と名付けたいほど、歩けどなかなか高度が下がらない。とはいえ、砂走りは怖いと感じる人もいるので、初めて行くなら、このルートが無難かも。ともあれ、無事に下山。終始天候に恵まれ、メンバーの体調も守られ、本当に感謝だった。

DSC074340009.JPG

富士スバルライン5合目から山頂をのぞむ



ラベル:富士登山
posted by とけた at 12:48| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山2017(吉田ルート)山行記録@

7月10日(月)晴れ時々くもり
富士スバルライン5合目12:08→6合目12:47→7合目13:35→8合目太子館14:37

人生とは不思議なもので、「富士登山なんて別に…」と斜に構えていた私が、今年で4回目、4ルート中3ルート制覇することになるとは。もうこうなったら、いつか、残る一つの富士宮ルートも登ってみたい(笑)

DSC073300001.JPG

今回は、職場の仲間たちと。安全策で、一番ポピュラーな吉田ルートを初めて選択。今まで地味な5合目(だが、それがいい)しか知らないだけに、5合目の賑わいは衝撃で、「ここは原宿か?」と思ったほど。

DSC073460002.JPG

高所慣らしを兼ねた昼食後、出発。今回のメンバーは、体力が充実しており、予想以上のハイペース。

DSC073490003.JPG

吉田ルート、もっと初心者向けかと思ったが、決して楽ではない。7合目以降は、岩もゴツゴツしていて、さらに登りづらくなる。それでも、順調に、8合目の太子館に到着。富士山の山小屋に快適さを期待しない私だが、平日&ハイシーズン前ということもあってか、スペースも十分で、設備もきれい(トイレが臭わないのに驚き)スタッフも親切と、嬉しい誤算だった。ただ、宿泊者でもトイレチップがかかるのがちょっと…(今までの経験では宿泊者は無料だったのだけど、ここだけ特別なのか、全山域でルールが変わったのか、気になるところだ)

DSC073730004.JPG

眼下の夜景を眺めながら、明日の山頂に期待しつつ、眠りについた。(ほとんど眠れなかったが)
ラベル:富士登山
posted by とけた at 11:36| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

高尾山ハイキング(2017年初夏)

5月23日(火)快晴
登山開始10:00(6号路)→山頂11:15→下山開始12:00(1号路・途中昼食・ケーブルカーで下山)

7月に職場の仲間たちと、富士山に登る話が持ち上がり、トレーニングも兼ねて高尾山へ。以前登ったことのある6号路で山頂に向かう。
DSC067550001.JPG
途中にたくさん咲いていた。シャガという花らしい

DSC067600002.JPG
仲間たちは、若さという武器もあり、バテた様子もなく、とても良いペースで登る。予定より15分早く山頂に到着。

DSC067670003.JPG
山頂から、富士山が見えた。(写真だとわかりにくいが、真ん中あたり)この時期&時間帯に見えるとは期待していなかった分、うれしかった。

下山は、1号路。途中でケーブルカー組(妻と娘も)と合流。展望の良い茶屋でランチ。ほんの少しだけ、娘と山道を歩けて、嬉しかった。将来、山の好きな子になってくれたらいいなあ…
posted by とけた at 22:46| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

マイ楽器紹介D(エフェクター)

Ibanez TS9 Tube Screamer
DSC052620003.JPG

何事もド定番が大好きな私。コンパクト・エフェクターといえば、当然、BOSS…のはずなのだが。

2014年、ギター教室の発表会でラリー・カールトンのRoom335を演ることになり、リードとバッキングの音の切り替えがしたいので、オーバードライブをゲットすべく、楽器屋へ。

目ぼしいBOSSのオーバードライブをひと通り試した後、あんまり眼中になかったTS9を遊び半分で試奏。すると…意外にもこれが私好みの音。これこれ!まさにこんな音が欲しかったんだよ!という感覚。あくまで主観だが、BOSSの歪みはザラザラッとした感じで、TS9は、もう少し滑らかでマイルドな感じ。好きなギタリスト、スティーヴィー・レイ・ヴォーンが使っていたというのも何だか素敵。

「TS9はブースターでしか使えない」という声をちらほら聞くけど、なかなかどうして、普通に歪ませた音も十分いけると思う。
posted by とけた at 20:22| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

マイ楽器紹介C(エフェクター)

ZOOM G2 1NU
DSC052490001.JPG

アコギをはじめてから、エレキが弾けると思えるまでに15年かかった私。同じギターなのに近くて遠い存在。その理由の一つは、アコギが基本1種類の音色なのに対し、エレキは、歪んだ音やらエフェクターやらいろいろな種類があって、こんがらがってしまうことではないかと思う。

そんな私に、エフェクターの教科書となってくれたのが、このZOOM G2だった。最初は操作の仕方がわからずとまどったが(アナログ人間なので)、だんだんと、自分の使う音の傾向がわかり、コンパクトエフェクターに手を出す時も、これを買えばいいんだと判断できるようになった。

いわゆるコンパクト>マルチという価値観が私にもあるけど、なんだかんだ、実戦で一番活躍しているのはコイツ。ろくに機材のない貧乏ギタリストの私でも、これさえあれば何とかなってしまうので、非常に助かっている。
posted by とけた at 22:29| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。