2018年05月07日

ギターが死んで、復活した話。

私が教会で弾いている
タカミネのエレアコさん。
IMG_1355.JPG
ある日突然、内蔵チューナーが
反応しなくなり、アンプからも
音が出なくなった。

1日前まで、元気だったのに、
激しく動かした訳でもないのに、
なぜ!?と思ったが、

同じような状況に陥った方の
ブログを読み、同じ解決策を
試してみることに。

接点復活剤は買ったものの、
日曜礼拝までには間に合わず、
とりあえずマイク録りで対処。
思った以上にハウリングしやすく、
ヒヤヒヤしながら演奏した。

そして午後の賛美の時間。
教会に置いてあった
900円激安ピックアップを
使ってみる。
IMG_1356-597ea.JPG
音は...
モコモコ感が半端ない。
トレブル10にしてやっと
少しだけシャキッとする。
さすが900円...いやむしろ、
普通に音が出るだけすごい。

ところが!

一曲賛美した後、
何気なくチューナーをオンにして
音を鳴らすと...

反応した!

急いでアンプにつなぎ直すと...

音が出た!
奇跡だ!!

歌った賛美の歌詞が、
キリストがいのちを与え
傷ついたものを癒す、という
内容だったこともあり、

ギターが死んだけど復活した!

と思った私であった。
直って本当に良かった...


posted by とけた at 19:46| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

マイ(ではない)楽器紹介

DSC098960002.JPG
Taylor 314ce

先日、実家に行った時。
テイラーのギターが
ケースに入れられたまま
無造作に置かれていた。

両親の教会に、Mさんという
楽器は買うけど、ご自分では
あまり弾かない方がいて、
教会に寄贈したギターが余り、
とりあえず家に置いている、とのこと。

「お父さんの普段使いにしたら?」
と言うと
「おれは高いギターに興味ないから」
と父。何という欲のなさ。

それにしても、このままじゃ
テイラーの素敵なギターが
実家でホコリをかぶったまま。
何てもったいない…!

というのは建前で、本音は
「もしかして貸してもらえるかも?」
欲がうずうず。

ダメもとで聞いてみると、
Mさんは、クリスチャンの賛美関係で
使ってくれれば、のことで、
すんなり貸してもらえることに。
やったー!と心の中で叫ぶ。

というわけで、自宅に持ち帰り、
楽器屋で調整してもらい、
改めて弾いてみる。

感想は…
生音がいい!さすがテイラー。
(↑小並感)

多くの賛美リーダーが
愛用するだけのことはあるなあ。

でも、あくまで借り物。
大切に使わせてもらわなきゃと
浮かれる心を落ち着かせる
私であった。
posted by とけた at 12:33| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

マイ楽器紹介E(ウクレレ)

DSC098970003.JPG
Famous FS-6

ウクレレという楽器の手軽さと携帯性に
あこがれつつも、あえて買うほどでもないな
と思っていた矢先、叔母が、弾かなくなった
ウクレレをゆずってくれることに。
机にポンと置いておいて、パッと手に取って
賛美できるのは、ウクレレのいい所。
ハッピーバースデーを歌う時にも重宝している。
旅行にも持っていけそうだが、ハワイ旅行だと
逆に気恥ずかしくて持っていけない気がする(笑)
posted by とけた at 13:16| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

マイ楽器紹介D(エフェクター)

Ibanez TS9 Tube Screamer
DSC052620003.JPG

何事もド定番が大好きな私。コンパクト・エフェクターといえば、当然、BOSS…のはずなのだが。

2014年、ギター教室の発表会でラリー・カールトンのRoom335を演ることになり、リードとバッキングの音の切り替えがしたいので、オーバードライブをゲットすべく、楽器屋へ。

目ぼしいBOSSのオーバードライブをひと通り試した後、あんまり眼中になかったTS9を遊び半分で試奏。すると…意外にもこれが私好みの音。これこれ!まさにこんな音が欲しかったんだよ!という感覚。あくまで主観だが、BOSSの歪みはザラザラッとした感じで、TS9は、もう少し滑らかでマイルドな感じ。好きなギタリスト、スティーヴィー・レイ・ヴォーンが使っていたというのも何だか素敵。

「TS9はブースターでしか使えない」という声をちらほら聞くけど、なかなかどうして、普通に歪ませた音も十分いけると思う。
posted by とけた at 20:22| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

マイ楽器紹介C(エフェクター)

ZOOM G2 1NU
DSC052490001.JPG

アコギをはじめてから、エレキが弾けると思えるまでに15年かかった私。同じギターなのに近くて遠い存在。その理由の一つは、アコギが基本1種類の音色なのに対し、エレキは、歪んだ音やらエフェクターやらいろいろな種類があって、こんがらがってしまうことではないかと思う。

そんな私に、エフェクターの教科書となってくれたのが、このZOOM G2だった。最初は操作の仕方がわからずとまどったが(アナログ人間なので)、だんだんと、自分の使う音の傾向がわかり、コンパクトエフェクターに手を出す時も、これを買えばいいんだと判断できるようになった。

いわゆるコンパクト>マルチという価値観が私にもあるけど、なんだかんだ、実戦で一番活躍しているのはコイツ。ろくに機材のない貧乏ギタリストの私でも、これさえあれば何とかなってしまうので、非常に助かっている。
posted by とけた at 22:29| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

ギターを習って良かったこと

先日、6年間通ったギター教室を退会した。

別に通うことが嫌になったわけではなく、自分の中で一つの区切りを
つけようと思ったからだ。

それにしても、ギターをちゃんと教えてもらえたことは
自分にとってすごく良かった。

何が一番よかったかというと、
「自分が下手だということに心から気付けた」ことだ。

それまでは、曲がりなりにもギター歴20数年という自負心があって、
人前では謙遜しつつも、けっこうプライドがあった。

しかし・・・

講師の先生が厳しかったわけではなく(むしろすごく優しかった)
レッスンを重ねる中で、

「ああ、俺、ギター下手なんだ」

と実感するようになった。

他にも、リズム感が良いと思っていたのが、
実は悪いということに気付かされショックを受けたり、
いろいろあった。

でも、それだけではなく、もう一つよかったのは
「下手でも、下手なりに練習を重ねれば少しづつ上達する」
ということだった。

最初はチョーキング一つもロクにできなかったが、
今は、月イチの友人たちとのセッションで、
高校時代の憧れだったクラプトンの
「ホワイトルーム」や「クロスロード」のソロを
曲がりなりにも弾いている。
自分の中でこれはかなり嬉しいことだ。

とはいえ、上達と言うものにはきりがないので、
今後も、自分なりに修練を積んでいかなければと思う。
ラベル:ひとりごと
posted by とけた at 21:27| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

三度目の発表会(続き)

知り合いの方が発表会を録画してくださっていて、
遅まきながら自分の演奏をチェックすることができた。

感想は・・・

前回より、ギターが「歌える」ようになっていた。
これは嬉しかった。

ミスはちょいちょい。しかも割と平坦な所でコケる。
音楽をちゃんと表現でき、かつミスもしないのが理想だけど、
到底その域には辿り着けなさそうなのが実感。

見た目は・・・

もうこれはいいやって感じ。
足クネ、にやけ顔、アヒル口…これが私のスタイルなんだ!と開き直りの境地。

ただ、発表会の出演者には、演奏技術もさることながら、
立ち振る舞いがすごくカッコイイ人がいて、ちょっとうらやましいのでありました。
ラベル:ひとりごと
posted by とけた at 17:20| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

三度目の発表会

先日、通っている音楽教室主催のバンド発表会があった。

※動画はイメージです。こんな風に弾けたらいいんだけどな・・・

思えば、今までいろいろなことを教えられてきた。
初めての発表会はジョニーBグッド。
ノーミスで弾こうと意気込んだが、本番ではミスを連発し
ステージの怖さを知った。

2回目はクラプトン祭。ホワイルマイギターとクロスロード。
前回よりリラックスして臨めるも、録音を聴き、自分の理想と
かけ離れている音に愕然とする。

そして今回はルーム335という無謀なチャレンジ。
1年半練習し続けて、やっとオリジナルの速さについていけるようになった。
後は一小節でも長く、音楽を表現できるか、ギターを歌わせることが
できるかを目標にステージに臨んだ。

まだ録音を聴いていないので何とも言えないが、
ステージでは楽しく演奏することができた。
ラベル:ひとりごと
posted by とけた at 18:07| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

発表会を振り返って

ギター教室の方が、発表会の動画をアップしてくれた。
それを聴いてみて、いろいろ反省点が見えてきた。
今後の成長のため、書き記しておこうと思う。

まず思ったことは、速いフレーズを頑張って弾こうとしてるんだけど、
表現するところまで行けていない。伸ばすべき音が途中で切れたり、
チョーキングやビブラートが中途半端になってしまっている。
指がもっと動くようになりたいというのもあるけど、自分の演奏を
録音してチェックすること(嫌だけど)が必要だな。

次に、見た目(笑)なんで薄笑いを浮かべて、口がアヒルみたいに
とがってるんだろう。動きも何かロボットみたいでぎこちないんだよな。

次回は、そんなところも気をつけながら
演奏できればいいなと思うのであった。
ラベル:ひとりごと
posted by とけた at 12:25| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

2年ぶりの発表会

先日、通っているギター教室で発表会があった。
LedZeppelin1.jpg
※画像はイメージです

2年前、ジョニーBグッドを弾いた時は、練習ではほぼ完璧!と思っていたのが、
ミスを連発し、本番の怖さを思い知らされた。
そこで今回の目標は、「ミスしてもいいから、リラックスして弾くこと」にした。
ところが課題曲はビートルズの「While My Guitar Gently Weeps」と
クリームの「Crossroads」。前回より思い切りハードルが上がった。
ただ、両方ともクラプトンがリードギターを弾く、昔からのあこがれの曲。
単純に、弾けるようになりたい!というモチベーションはすごく高かった。

「とりあえず弾けます」という状態で臨んだリハーサルは、2年前よりひどい
ガチガチ緊張状態で、全然弾けなかった。これは本番もダメかな・・・と
思ったが、残りの期間はあまり無理せず、淡々と練習しようと思った。

そして迎えた本番。不思議と精神的には安定し、想定内のミスはありながらも
止まらずに弾き切ることができた。2年前より少しは成長できたのかな?と思い
うれしかった。もちろん、講師演奏を聴くと、今の自分なんかとは雲泥の差だ。
それでも、自分のペースで成長し続けられることが大切なんだと思った。

ラベル:ひとりごと
posted by とけた at 12:15| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。