2018年03月30日

マイ(ではない)楽器紹介

DSC098960002.JPG
Taylor 314ce

先日、実家に行った時。
テイラーのギターが
ケースに入れられたまま
無造作に置かれていた。

両親の教会に、Mさんという
楽器は買うけど、ご自分では
あまり弾かない方がいて、
教会に寄贈したギターが余り、
とりあえず家に置いている、とのこと。

「お父さんの普段使いにしたら?」
と言うと
「おれは高いギターに興味ないから」
と父。何という欲のなさ。

それにしても、このままじゃ
テイラーの素敵なギターが
実家でホコリをかぶったまま。
何てもったいない…!

というのは建前で、本音は
「もしかして貸してもらえるかも?」
欲がうずうず。

ダメもとで聞いてみると、
Mさんは、クリスチャンの賛美関係で
使ってくれれば、のことで、
すんなり貸してもらえることに。
やったー!と心の中で叫ぶ。

というわけで、自宅に持ち帰り、
楽器屋で調整してもらい、
改めて弾いてみる。

感想は…
生音がいい!さすがテイラー。
(↑小並感)

多くの賛美リーダーが
愛用するだけのことはあるなあ。

でも、あくまで借り物。
大切に使わせてもらわなきゃと
浮かれる心を落ち着かせる
私であった。


posted by とけた at 12:33| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。